車椅子の特徴


犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子

フレームは、軽量なアルミパイプ

 

ジョイントは、耐衝撃HIパイプ継手
 
ベルト類は、耐久性があって柔らかいナイロンテープ

 

ボルト類は、ステンレス製を使用しております。



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子

犬種、体格、体重、症例等に対応した設計

 

 


画像左:中型犬 (コーギー)サイズ4輪車
画像右:小型犬 (Mダックス)サイズ4輪車



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子

フレーム後部にはスポンジグリップをバンパーとして装備。

 

【SLサイズ】以上の2輪車には後部に補強フレームが付きます。

 

排泄の邪魔にならないように、アルミパイプを大きく湾曲させて固定。

 



ベルト類の長さは調整可能

 

後肢を乗せるリングはアジャスターにより調整可能



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子 車いす 車イス

大型犬用2輪車、4輪車は胴体部分のフレームを持たない構造にいたしました。

これにより、ワンちゃんを足先まで持ち上げて、上から車椅子に乗せる必要は無くなります。

 

ベルト類も簡単に着脱可能となっております。

 



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子 車いす 車イス

大型犬2輪車、4輪車のワンちゃんの胴体下周りのベルトはバックルで簡単に着脱可能です。



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子 車いす 車イス

大型犬2輪車、4輪車の胴体周りのベルトの長さの調整は、バックルと反対側で行います(小型犬、中型犬用と同じです)。

 

できるだけ硬いプラスチックパーツがワンちゃんの身体に当たらないようにするための設計になっております。



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子 車いす 車イス

中型犬(MLサイズ)と大型犬2輪車、4輪車のワンちゃんの後肢を乗せるリングは、バックルにより着脱可能になっております。

 

これにより、ワンちゃんを足先の高さまで持ち上げて車椅子に乗せなくても良くなります。

 



中型犬(MクラスHiタイプ)と大型犬2輪車、4輪車のワンちゃんの後肢を乗せるリング

中型犬(МLサイズ)と大型犬2輪車、4輪車のワンちゃんの後肢を乗せるリングも他のサイズ同様アジャスターにより高さの調整ができます。



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子

足吊リングにも発泡ゴムを使用しております。

 

 

 

高さはアジャスターで調整可能となっております。

 



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子 車いす 車イス

足吊はアジャスターにより、高さを調整可能です。


オプションで足袋も用意しております。

ベルトを差し替えるだけで簡単に交換できるようになっております。



犬の車椅子 犬用車椅子 犬の車いす 犬用車いす 犬 車椅子

後肢を乗せるリングには、柔らかいスポンジゴムを使用しております。

 

左右のリングをつなぐジョイントも、スポンジ入りの柔らかい素材を使用しております。